ホメオパシー 理論

ホメオパシーを知ってますか?

ホメオパシー 理論

同じことであることは、以下の通り同種療法信者による主張と、科学的な敷地に関しては
特に与えられない注意ハーネマンの理論が中で水によって特定の状態を引き起こしている成分を
希釈したものとすることになった現代のホメオパシーです。
そして、とても高く有毒です砂糖に浸ります。
希釈程度は、10回希釈剤9X(100回希釈剤200Cによる第200には)の9回繰り返したものを
変えて、表します。最も使われたことは、すなわち10030 = 1,060回、30Cまでそれを薄めました。

これは、いわゆるレメディーです。通常の科学的な常識に対してそれを弱めるならばそれを弱めるように
希釈程度が働くと言われます。
あまりに高く薄めます。最初の材料はより1つの分子にも残っていそうでありません。
そして、それは科学的に単なる砂糖ボールです。
しかし、ホメオパスはそれにを与えます。
レメディーの下でふさわしい最初の成分のために、多くのいろいろな薬草があります。
そして、鉱物(主なレメディーのリスト:)がイギリスです)。


中ですでに出てきた徴候の、レメディーが治療的に使われるかもしれません。
しかし、全面的な「処置」において、「処置」は外面上は現れた徴候より病気を引き起こした
基本的な原因をしそうです。
したがって、主にレメディーをすることでの「ホメオパス」と呼ばれている同種療法「処置」を
行う人の処方に、それは依存します。
数年のトレーニングはホメオパスになることを要求されます。
そして、その目的の専修学校が存在します。しかし、たとえ4年とされるとしても
勉強時間が週末に本当に教えるホームスクーリングの日は含まれます。
そして、短い相当な授業時間があるとき、多くの日本同種療法学校があります。

ホメオパシー ヒストリー
copyright(C)ホメオパシーを知ってますか?